2017年度の活動結果

2017年度は高齢化する穂谷里山地域への貢献活動と野外活動センター活用拡大の為の森林整備、市民や学校・企業の里山体験受入に主軸を置き、穂谷の自然環境保全寄与に活動してまいりましたが、代表理事が年初より体調を崩され、現場活動を休止せざるを得ない状況のスタートとなり、11月には病気療養に専念される為、任期途中で有りましたが、代表理事の交替となりました。

新体制の立ち上げ以降、手続き等の不慣れな事務作業をこなしながら活動を進めてきました。

機関紙(竹取新聞)の発行、ホームページの更新等滞っていた情報発信業務も正常に稼働する様に回復いたしました。

今年度は、以前より継続していました、小学校等への出前授業、企業の里山保全活動受入等の普及活動行事は回数としては横ばいの状況でしたが、会員の高齢化による一日当たりの活動人員減少により、活動参加会員への負担が増加した1年でもありました。

穂谷地区は本格的に里山保全活動事業として、地区内の竹林の整備をスタート致しました。

当会においても、年初より西雲寺奥山の竹林皆伐、野外活動センター内の保全活動を積極的に行い、野外活動センター主催の「竹と遊ぼう」シリーズや里山講座の連携支援も継続実施し、市民を里山へ誘う普及活動に取り組んでまいりました。

2年前にスタートしたクラフトデーも3月度で21回の開催となり、当初の目的であったクラフト製作、竹炭焼、竹酢液製造、竹紙作り等の技術伝承も少しづつ進んで来た様に感じています。

資源活用としては、竹炭・竹チップを活用した水質浄化活動を3年前より山田池公園で継続実施して来ました。ここにきて何とか成果につながる全体像が見えてきた様に感じています。

製材機による間伐ヒノキの活用も、ワークキャンプでのベンチ作り、基地内での竹設置場所に活用したものの、十分に活用出来ておりません。

2017年度も例年に引き続き、公益財団法人イオン環境財団殿、枚方市の里山保全活動助成金に加え、あいおいニッセイ同和損保(株)殿より多額の寄付をいただき、円滑な会運営の資金に充当する事が出来ました。

平成29年5月15日、生駒山系花屏風推進活動について、大阪府知事の感謝状を受領しました。

以下、活動内容の詳細を報告致します。

◆活動期間 :2017年4月2日(日)~2018年3月28日(水)

◆活動場所 :大阪府枚方市穂谷(枚方市野外活動センター内、穂谷区、笹田果樹園)

◆活動日数 :95日間 (2016年度 94日間)

◆延べ活動参加人数 :1,505名 (2016年度 1,903名)

◆平均活動参加者数 :15.8名/回 (2016年度 20.2名/回)

◆保全活動による間伐数 :竹間伐数 1,242本 (2016年度 2,050本)  内、西雲寺奥竹林間伐数 837本 (2016年度 1,508本)

桧間伐数 49本 (2016年度 30本)

 

 

 

◆主な活動実績

1)野外活動センター内工作物補修及び進入路側溝土砂整備、老木・枯れ木伐採

2)学校・企業から桧、竹の間伐体験要請を受け入れて指導。環境保全活動の必要性のアピール

3)ヒノキ人工林・竹林の日常的間伐と野外活動センター周回コースへの山桜植樹20本

4)間伐ヒノキを製材して野外活動センターの体験材料に活用、間伐竹は竹炭・竹酢液・竹紙に再生活用

5)枚方市・穂谷区主催の収穫祭などのイベント、小学校の土曜授業等に参加し、クラフト指導により里山環境保全活動をPR

6)里山保全講座、野外活動センターの市民参加体験行事・イベントへの協力と自主開催

◆活動実績詳細

時 期 実    施    内    容    等
4 月 毎水・日曜活動 10日間(4/26雨天中止)

延べ活動人員:171名

活動地:穂谷野活C茶畑他下草刈り、ヒノキ人工林間伐、竹林管理、穂谷区西雲寺奥竹林伐採、山田池水質浄化用竹炭材料作り、

2017年度通常総会

5 月 毎水・日曜活動 9日間(雨天中止無し)

延べ活動人員:170名

活動地:穂谷野活C竹林間伐、茶木移植、茶摘み、茶畑下草刈り、穂谷区西雲寺奥竹林伐採、穂谷区果樹園草刈、

山田池公園水質検査、ヒノキ人工林間伐

6 月 毎水・日曜活動 7日間(6/7・6/21雨天中止)

延べ活動人員:108名

活動地:穂谷野活C ヒノキ人工林間伐、下草刈り、竹炭材料作り、いきいき広場出前授業、穂谷区果樹園梅収穫、

穂谷区西雲寺奥竹林伐採、小学校ヒノキ間伐体験、茶木剪定

7 月 毎水・日曜活動 7日間(7/30雨天中止)

延べ活動人員:120名

活動地:穂谷野活C ヒノキ人工林間伐、穂谷区西雲寺奥竹林伐採(皆伐完了)、竹紙洗い作業、竹炭材料作り、竹酢液蒸留、

竹林間伐、ヒノキ丸太製材、下草刈り、市民クラフト体験受入

8 月 毎水・日曜活動 7日間(8/13・8/16夏休み)

延べ活動人員:111名

活動地:穂谷野活C 竹炭材料作り、竹紙煮詰め、工具点検整備、下草刈り、枯れ竹伐採、竹林整備間伐、ヒノキ伐り(株)カット、

丸太玉切り、山田池公園水質検査

9 月 毎水・日曜活動 8日間(9/17雨天中止) 延べ活動人員:121名

活動地:穂谷野活C 穂谷区果樹園草刈・栗拾い、竹紙漉き、竹酢液蒸留、クラフト作り、市民竹紙漉き体験受入、用具点検・掃除

10 月 毎水・日曜活動 9日間(10/21・10/29雨天中止) 延べ活動人員:142名

活動地:穂谷野活C 竹林整備間伐、収穫祭用クラフト作り、市民キャンプフェスタ参加、竹炭材料作り、茶畑剪定、

ヒノキ丸太製材、コナラ・クヌギ間伐、野活C道路脇枯れ松伐採

11 月 毎水・日曜活動 9日間(雨天中止無し) 延べ活動人員:129名

活動地:穂谷野活C 道路脇フェンス修理、里山講座簡易炭焼き体験、クラフト作り、里山楽校安全講習、山桜植樹、

竹林整備間伐、ヒノキ人工林間伐、クヌギ間伐、枯れ雑木5本伐採

12 月 毎水・日曜活動 6日間(12/27・12/31活動休み) 延べ活動人員:98名

活動地:穂谷野活C ヒノキ人工林間伐、竹林整備間伐、薪割、山田池公園水質浄化用短材作り、落ち葉清掃、

駐車場横側溝土砂撤去・竹垣作り土嚢積み上げ、工具整備、大掃除

2017/

1 月

毎水・日曜活動 7日間(1/3休み・1/17雨天中止) 延べ活動人員:114名

活動地:穂谷野活C 初出安全祈願、間伐ヒノキ運搬、竹林整備間伐・クラフト作り、伐採クヌギ玉切り、穂谷区果樹園梅剪定、

野活F内栗木剪定、ヒノキ丸太皮むき、竹炭焼

2 月 毎水・日曜活動 9日間(雨天中止無し) 延べ活動人員:109名

活動地:穂谷野活C 竹林整備間伐、幼稚園体験受入、竹炭材料作り、道路脇フェンス修理、野活C檜舞台解体、廃材薪作り、

シイタケ植菌、キャンプカウンセラー体験研修受け入れ

3 月 毎水・日活動 7日間(3/21雨天中止) 延べ活動人員:112名

活動地:穂谷野活C 基地周辺フェンス修理、修理用竹間伐・杭作り、竹炭用竹間伐、ヒノキ製材、枯れ松玉切り、竹炭材料作り、

竹炭焼、茶畑管理、クラフト作り、工具・器具・備品期末棚卸

◆普及活動実績詳細  (全32件 参加人数: 563名 参加会員数計: 269名)

【体験参加】

活動先 活動内容 参加人員 参加会員数
(学校)
6月28日 平野小学校 ヒノキ間伐 77名(6年) 16名
9月29日 樟葉小学校 ヒノキ間伐 119名(5年) 9名
(企業)
4月10日 ネッツトヨタ新大阪(株) ヒノキ間伐 15名 7名
5月22日 ネッツトヨタ新大阪(株) ヒノキ間伐 15名 9名
6月4日 メタウォーター(株) ヒノキ間伐 24名 8名
7月12日 日本電音(株) ヒノキ間伐 5名 5名
9月20日 大和ハウス(株) ヒノキ間伐・竹間伐 7名 7名
11月26日 メタウォーター(株) ヒノキ間伐 9名 4名
1月10日 大和ハウス(株) 竹間伐 7名 6名
(その他)
11月8日 枚方市里山楽校講座 安全講習・竹クラフト 14名 6名
11月19日 ボーイスカウト枚方8団 山桜植樹・竹クラフト 39名 16名
1月17日 大阪府民カレッジ 竹間伐・竹クラフト 5名 5名
2月7日 森の幼稚園 野イチゴ 竹間伐・竹クラフト 26名 6名

 

【野外活動センター行事】

(里山保全講座)
10月8日 第1回  森林ボランティア・安全講習 5名 14名
11月5日 第2回  簡易竹炭焼き体験・クラフト作り 5名 17名
11月19日 第3回  穂谷の植物・竹クラフト 5名 6名
12月3日 第4回  穂谷の歴史 5名 3名
12月9日 第5回  穂谷の鳥類 4名 3名
(竹と遊ぼう)  
5月14日 茶摘み・製茶体験 31名 22名
7月23日 竹クラフト・竹細工・花器作り体験 16名 9名
9月24日 竹紙漉き体験・竹クラフト 14名 11名
11月26日 簡易竹炭焼体験・竹クラフト作り 18名 9名
(イベント)
10月9日 市民キャンプフェスティバル クラフト指導・丸太切り大会 9名
11月12日 ワークキャンプ(ベンチ作り) 市民・カウンセラー 7名

【フェスティバル参加指導・出展】

4月15日 枚方緑化フェスティバル 7名
10月1日 ひらかたNPOフェスティバル 10名
10月14日 枚方の里山・収穫の秋穂谷 19名
10月28日 山田池公園フェスティバル (雨天により中止)
2月3日 ひらかたエコフォーラム 6名
2月11日 ホッとな冬遊び 5名

【学校他への出前授業】

6月3日 いきいき広場(桜ヶ丘北小) 児童79名 7名
11月25日 いきいき広場(中宮小) 児童19名 5名

◆森づくり委員会 その他

2月9日 穂谷森づくり委員会 1名
3月28日 穂谷森づくり委員会 2名
9月13日 中央大学法学部 里地里山ボランティア活動実態調査

教授、学生15名

3名

◆総会及び理事会

2017年度通常総会 2017年4月23日 (枚方市野外活動センター) 28名
理事会 第1回(4/9)より2018年3月まで毎月1回及び臨時理事会(11/19) 13回開催

 

◆機関紙とホームページの再開・更新

竹取物語新聞及び竹取物語の会ホームページは、担当者が長い間健康を損なっていた事等から新聞の発行は大幅に遅れ、ホームページは更新されずに滞っておりまし

た。

2017年11月より新体制の元、遅れていました竹取物語新聞の発行、ホームページは新たにホームページアドレスを取得し、2018年1月に再開する事が出来ました。

竹取物語新聞は2018年3月度の発行で144号となりました。

新たなホームページのアクセス数は、3月末で870回となっています。

◆会員数

2017年度末の会員数は60名ですが、2018年度は体調等他の要因から退会余儀なくされる会員もおられます。2017年度末の会員平均年齢は69.4歳と高齢であり、

今後の活動継続の為にも、引き続き新会員募集による会員数の確保が重要な課題と考えられます。